INTERVIEWインタビュー

株式会社メンバーズエッジ

 

株式会社メンバーズエッジ

「アジャイル開発でITサービス産業を変える」
「エンジニアの新しい働き方をつくる」

「ソーシャルメディア時代をリードするネットビジネスパートナー」として確かな歴史と実績を誇る、一部上場企業の株式会社メンバーズ内のアジャイル開発エンジニアチームが専門会社としてより特化するために設立されました株式会社メンバーズエッジ。

従来の大手ITベンダーによるウォーターフォール型開発の、多重請負構造、リスク管理と納品重視、ドキュメント至上主義と決別。
「Power to the Edge」の精神で、開発現場をエンパワーメントし、お客さまとの直接対話による開発、継続的なビジネスの成長重視、ソースコード至上主義により、疲弊した開発現場を花形に変え、エンジニアにとって働きがいのある現場をつくっている。
アジャイルで変化への対応力と俊敏性をもったチームを日本中につくり、これからの日本の成長をエンジニアリングで牽引していくビジョンを持つ。

そんなメンバーズエッジは、メンバーズのエンジニアチームだった時からの、フロイデールの未経験者向けIT技術者研修「Q-Tech-bootcamp」のリピーターでもあります。今回は塚本社長と山本リーダーが「なぜQ-Tech-bootcampなのか?」について、率直に語ってくださいました。
 

Q1:Q-Tech-BootCampを研修として取り入れた理由を教えてください。

スクラム型の研修で、チームで働くマインドを育てたい

(山)今回研修に参加したメンバーは、新卒入社の3名です。全員情報系の学校を卒業しているので、ある程度知識はもっていましたが、実務面では未経験。エンジニアとしてベースの知識をしっかり身につけてほしい思いもありましたが、社外の方とも恊働してプロジェクトに参加するQ-Tech-BootCampで、一社会人としての姿勢や、仲間とともに仕事に取り組むスタンスを学んでほしい気持ちも大きかったです。

(塚)一人前のエンジニアに育てるには、教える人材が必要ですが、社内の現役エンジニアはお客様への価値提供に集中してもらっているので、研修を外注してプロにお任せできるのは非常に助かると思いました。また、僕自身、また会社全体としても、スクラム型のワークスタイルを広めたいという思いがありました。スクラム型を実践するQ-Tech-BootCampに参加することで、未経験の若手人材にも、チームで働くエンジニアとしてのマインドを育成したいと思って選びました。

Q2:Q-Tech-BootCampの受講にあたり、どのような点を期待していましたか。

実践的なチームでの開発体験と、豊富な研修実績に期待

(山)チームのコミュニケーションを重視するスクラム開発の手法をとった研修なので、チームの中で個人が当事者意識をもって仕事に取り組めるようなスタンスを身につけられるのではないかと思いました。また、新人のエンジニアは、お客様の前に出るまで2〜3年社内だけで過ごすことも多いため、社外のエンジニアや外部の方と交流をもつ機会は貴重なものです。その中で、社会人としてのコミュニケーションの取り方を実体験として学べるので、すごく勉強になるなと思いました。

(塚)未経験者の彼らに対し、短期間で即戦力になってほしいという思いがありました。そこで、未経験者の育成実績が豊富なフロイデールの研修なら信頼できると思いました。未経験エンジニアを多く育ててきた会社だからこそ、つまづくポイントやメンタル面でのフォローにも期待できました。

Q3:受講中の研修者の様子について教えてください。

当事者意識をもってイキイキ学ぶ姿勢がみられました

(山)研修中、月1回行われるプロジェクト発表会の見学に行くと、弊社の研修者がチームリーダーとして活躍しており、今後の活躍が期待できるなと感じましたね。これも、上下関係にとらわれないスクラム型のいい特徴のひとつではないかと感じています。トップの指示がないから動かない、あるいは責任はすべて上の人間がとるような状態だと、若手はなかなか育ちません。また、自分自身への責任感も希薄になり、当事者意識が薄れがちです。何か問題がおきたときに自分で動く、解決策を自分で考えられるマインドが身についているなと感じました。業務の延長では、どうしても先輩後輩の関係があるので、若手の当事者意識が育ちにくいです。若手でも未経験でも、何でも言い合える環境での研修だったからこそ、身についたものではないかと感じました。

 

(塚)わたしは直接現場には行けなかったのですが、毎日送られてくる日報で彼らの様子をみていました。日報は基本的に先輩社員であるメンターがチェックするのですが、研修者が書く内容の濃さに驚いていましたね。技術に関しての疑問、自分が今日何を考え、何をやったかということがしっかり書かれていました。意外だったのは、講師に何を教えてもらった、ということがほぼ書かれていない事。講師に頼って勉強するような感じではなく、彼らの自主性をもって毎日積極的に学んでいることが窺い知れました。教えてもらう受け身の研修ではなく、非常に能動的な現場の様子が伝わってきました。

Q4:研修を経て、研修者たちに変化は感じましたか。

技術のための技術ではない。人のための技術というマインド

(塚)エンジニアの技術は人に活かすための技術である、という認識をもてるようになったのではないかと思います。難解なコードを書くとか、レベルの高いスキルをもっていることが全てではないですよね。この技術は、誰のためにあるのか。何の役に立つのか。目の前のお客様が求めていることは何なのか、そしてそれにどう応えていくのか。自分ありきではなく、お客様に対してできるベストを考えられるようなマインドが育ったのではないかと思います。これから現場での活躍が楽しみです。

Q5:これから受講を考えている方へメッセージをお願いします。

会社の枠をこえてエンジニア同士が刺激しあうことで、個人も会社も豊かに

(山)チームでプロジェクトに向かうマインドや、チーム内での個人の当事者意識を育みたいと考えている方にはぴったりの研修です。社外の人間とともに何かを作り上げていく経験は、若手エンジニアにとって貴重な体験となるはずです。エンジニア同士のつながりが生まれ、刺激を受けることで社内にも豊かなアウトプットが出てくるのではないでしょうか。チームで働くマインドをもったエンジニアの育成に課題を感じている方には、ぜひおすすめしたいです。

編集後記:インタビュアー 木田

新人エンジニアに対し、高度なスキルよりもまず、プロのエンジニアとして働くマインドを身につけてほしかったと語ったおふたり。講師が知識を教え込むような研修ではなく、参加者の自主性をベースに実践的なプロジェクトに向かうフロイデールの研修を選んだのも、そんな思いがあってのことでした。社内で研修をすると、どうしても「教える・教えられる」という固定した立場での研修になりがち。その点フロイデールの研修では、参加するメンバーは年齢キャリアに関係なくフラットな立場でプロジェクトに臨みます。そのため参加者ひとりひとりのの当事者意識が強くなり、問題にどう立ち向かうかといった課題を「自分事」として考えられるようなマインドが身についたのではないでしょうか。エンジニアとしてだけでなく、いち社会人として何より大切なものを習得したメンバーズエッジの新人エンジニアさんたち。今後の活躍が楽しみですね。